vanilla-gnome-desktop

昨年11月に Windows11 を T14 にインストールして暫く使っていました。
けど、もういいかなと思い、改めて Ubuntu 20.04 LTS をインストールしました。Windows11 は仮想マシンとして再インストールです。

ついでに、個人的には以前にあった「Ubuntu GNOME」を気に入っていたので、今回はピュア GNOME 環境にします。
インストール自体は簡単で、Ubuntu のインストールを終えてから

  • gnome-session をインストールする
  • 再起動してログインセッションで GNOME を選択
  • vanilla-gnome-desktop をインストールする。

です。

その後、KVM をインストールしてから Windows11 を仮想マシンとしてインストールしました。Microsoft アカウントに紐付いている Windows のライセンスは、インストールした仮想マシンからライセンス認証を実行、 Microsoft アカウントにログインして「現在使用中の PC はこれ」と指定することで問題なく認証できました。

以前に仮想マシンに Windows11 をインストールするときに、ホストの Ubuntu に swtpm-tools を追加しましたが、今も公式からは配布されていないので ppa からインストールしました。以前のリポジトリとは異なっていて、次のサイトのリポジトリを追加しました。

sudo add-apt-repository ppa:smoser/swtpm
sudo apt update

sudo apt install swtpm-tools

その他、できれば Wayland で生活してみたかったのですが、Remmina で RDP 接続すると「トラックポイント+センターボタン」の画面スクロールが出来なかったので諦めました。
普通のマウスなら大丈夫かも?

コメント

コメントする

目次