広告

ThinkPad T14 Gen 1 (AMD)

2020年9月14日ThinkPad,Install

ノートPCを買い替えました。

今回、初めて AMD を選択しようと思案しながら、仮想マシン環境を考慮しつつメモリを目一杯(オンボード 16G + 増設16G)載せてみました。
いつもなら迷わず T14s を選択するところですが、メモリの増設と SSD の換装を前提として、熱対策にも余裕がある(と思われる) T14 としました。

AMD Ryzen 5 PRO 4650U と Ryzen 7 PRO 4750U を選択できますが、私の使い方なら Ryzen 5 でも十分そうだったので安い方のモデルです。メモリ 8G なら10万円を切る価格でこのスペックは何気にすごい?

Ubuntu はこれまで同様、Windows とのマルチブート環境にインストールしました。
サクサクとインストールを終えて、ディスプレイの解像度を変更しようとしたら 1920×1080 しか選択肢がなく、任意倍率のスケーリングは 100% と 200% しか有効にできません。

そんなはずはないだろうと調べてみたところ、Radeon Software for Linux なるものが存在することが判ったのでダウンロード、インストールを実行したら、無事に解像度の選択肢が増えて、125% や 150% の分数スケーリングも有効になりました。

AMD のサイトから Radeon™ Software for Linux® version 20.20 for Ubuntu 20.04 をクリックしてファイルをダウンロードします。それから中にあるスクリプト amdgpu-install を実行すれば作業終了です。個人的には 1920×1080 の 125% が好みです。 アクティビティからアプリケーションを選択したときに「センターボタンを押しながらスクロール」ができませんでした。他にも不具合があるかもしれませんが、とりあえず Tweaks から文字サイズを1.3倍等に変更することで対応しました。

ちなみに、購入した SSD は Crucial の CT500P5SSD8 。16G の増設メモリも Crusial 。

Posted by @think