広告

マウスの設定

Ubuntu

トラックポイントは正常に認識されているものの、なんとなくカーソルの動作がカクカクしてたのでヌルヌル動くように調整しました。
次のサイトで詳しく丁寧に解説されています。感謝!

PS/2 Generic Mouse の有効化

TPPS/2 Elan TrackPoint で認識されているマウスを PS/2 Generic Mouse に変更するため、grub の設定を修正します。
ThinkPad T14 Gen1(AMD) の場合はタッチパッドも有効のままだったので、UEFI BIOS で無効化しました。

hoge@Ubuntu-T14:~$ sudo vi /etc/default/grub

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT の後ろに psmouse.proto=bare を追加します。

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash psmouse.proto=bare"

grub に反映させます。

hoge@Ubuntu-T14:~$ sudo update-grub

再起動すると PS/2 Generic Mouse が有効になっています。
このままだと速度が遅いので次の通り調整します。

デバイスリストの取得

PS/2 Generic Mouse の ID を確認します。私の環境では id=12 でした。

hoge@Ubuntu-T14:~$ xinput list
⎡ Virtual core pointer                    	id=2	[master pointer  (3)]
⎜   ↳ Virtual core XTEST pointer              	id=4	[slave  pointer  (2)]
⎜   ↳ PS/2 Generic Mouse                      	id=12	[slave  pointer  (2)]
⎣ Virtual core keyboard                   	id=3	[master keyboard (2)]
    ↳ Virtual core XTEST keyboard             	id=5	[slave  keyboard (3)]
    ↳ Video Bus                               	id=6	[slave  keyboard (3)]
    ↳ Power Button                            	id=7	[slave  keyboard (3)]
    ↳ Sleep Button                            	id=8	[slave  keyboard (3)]
    ↳ Integrated Camera: Integrated C         	id=9	[slave  keyboard (3)]
    ↳ Integrated Camera: Integrated I         	id=10	[slave  keyboard (3)]
    ↳ AT Translated Set 2 keyboard            	id=11	[slave  keyboard (3)]
    ↳ ThinkPad Extra Buttons                  	id=13	[slave  keyboard (3)]

続いてxinput list-props 12 としてマウスカーソルの速度に関係の ID を確認します。
ここでは (152) となっていました。

hoge@Ubuntu-T14:~$ xinput list-props 12
Device 'PS/2 Generic Mouse':
	Device Enabled (150):	1
	Coordinate Transformation Matrix (152):	1.000000, 0.000000, 0.000000, 0.000000, 1.000000, 0.000000, 0.000000, 0.000000, 1.000000
	libinput Natural Scrolling Enabled (288):	0
	libinput Natural Scrolling Enabled Default (289):	0
	libinput Scroll Methods Available (290):	0, 0, 1
	libinput Scroll Method Enabled (291):	0, 0, 1
	libinput Scroll Method Enabled Default (292):	0, 0, 1
	libinput Button Scrolling Button (293):	2
	libinput Button Scrolling Button Default (294):	2
	libinput Middle Emulation Enabled (295):	0
	libinput Middle Emulation Enabled Default (296):	0
	libinput Accel Speed (297):	0.000000
	libinput Accel Speed Default (298):	0.000000
	libinput Accel Profiles Available (299):	1, 1
	libinput Accel Profile Enabled (300):	0, 1
	libinput Accel Profile Enabled Default (301):	1, 0
	libinput Left Handed Enabled (302):	0
	libinput Left Handed Enabled Default (303):	0
	libinput Send Events Modes Available (273):	1, 0
	libinput Send Events Mode Enabled (274):	0, 0
	libinput Send Events Mode Enabled Default (275):	0, 0
	Device Node (276):	"/dev/input/event5"
	Device Product ID (277):	2, 1
	libinput Drag Lock Buttons (304):	<no items>
	libinput Horizontal Scroll Enabled (305):	1

速度の調整

ID が判ったので xinput で設定します。~/.bashrc の最後に追加してもいいですし、自動起動に設定しても OK です。
私は ~/autostart.sh とスクリプトを作って起動してみました。

1行目が速度の設定、2行目が加速度の無効化、3行目はセンターボタンクリックの無効化です。

#! /bin/bash

xinput set-prop 12 152 1 0 0 0 1 0 0 0 0.2
xinput set-prop 12 297 0
xinput set-button-map 'PS/2 Generic Mouse' 1 0 3

1行目の行末の初期値は 1 で、あまりにも動作が遅いので 0.2 に変更しました。数字を小さくするとビュンビュン動作するようになるので、調子の良い値を探します。

Posted by @think