広告

DEH-5400とPixel3 ”Bluetooth A2DP ハードウェアオフロードの無効化”

日常

現在使用中のカーオーディオはこちらのDEH-5400。
ほぼスマホの音楽を再生するためだけの目的で、安価なBluetooth対応モデルだったので購入しました。

特に不満もなく、音楽もハンズフリー通話も問題なかったのですが、何かの拍子で半月ほど前から音楽が鳴らなくなってしまいました。ディスプレイには再生中(のはずの)トラックや曲名などは表示されましたが、音だけがでません。

以前にも同じように音が出なくなる症状があったのですが、その時はAndroidのアップデートで復旧しました。
ひょっとして今回も同じように対応できるかと思い、Android10にバージョンアップしてみましたが変化はなく相変らず無音のまま。

ラジオはあまり聞きませんし、このままでは単なる時計としての機能しか果たしていません。

OSバージョンアップ以外にも、端末再起動やDEH-5400のファームウェア更新、Pixel3のBluetoothキャッシュの削除などなどそれっぽい対策を試みましたがどれも復旧には至りませんでした。

半ばあきらめかけていたところ、開発者向けオプションのBluetoothの項目を見たときに何やら気になる設定があったのが"Bluetooth A2DP ハードウェアオフロードの無効化"でした。これを、ダメ元で無効化にチェックしてみたところビンゴ!無事にこれまでどおり音楽が再生されました。

・・・「無効化」=「CPUに処理させる」なら、専用チップは壊れている、若しくはチップのドライバーに問題がある???

開発者向けオプションの表示と設定の変更画面はAndroid10の場合、

  1. 「設定」から「デバイス情報」をタップ。
  2. 一番下の「ビルド番号」を連打。
  3. 戻って、「設定」から「システム」をタップ。
  4. 「開発者向けオプション」をタップ。
  5. 「Bluetooth A2DP ハードウェアオフロードの無効化」をチェック。
    下の画像の状態にすればOK。再起動により有効となる。

 

Bluetoothの調子が悪い時はここの設定を変更してみるとうまくいくかもしれません(うまくいく、とは限りません)。

カーオーディオではありませんが、下のサイトでワイヤレスイヤホンの遅延が改善された例がありました。

Posted by @think