KVM で Windows11

久しぶりの投稿です。

しばらく放置していた仮想マシンの WIndows10 を Windows11 にアップグレードしてみました。
TinnkPad T14 は TPM2.0 に対応しているので物理マシンなら普通に Windows の更新となりますが、仮想マシンなので少し工夫が必要です。

上のサイトでは Chipset に 440FX を選択していますが、Q35 で問題なくアップグレードできました。
Firmware は もともと UEFI x86_64: /usr/share/OVMF/OVMF_CODE.fd を使っていなので変更無しでしたが、SeaBIOS な環境だと virsh とかで変更する必要があります。

目次

BIOS の変更

UEFI の初期設定で TPM2.0 が ON になっていると思います。
最初はパススルーで TPM を有効にしようと試みましたが /dev/tpm0 を認識できず仮想マシンを起動できなかったので、swtpm を使うために swtpm-tools をインストールしてから vTPM を追加してアップグレードを行い、無事に Windows11 となりました。

swtpm のリポジトリ追加

Ubuntu 22.04 (Jammy Jellyfish)では公式パッケージとして追加されるようなので、Launchpad を追加する必要は無くなりそうです。

最初に /etc/apt/sources.list  に次の行を追加します。
Ubuntu 20.04 の場合なので、20.10 以降の場合は読み替えて下さい。

deb [trusted=yes] http://ppa.launchpad.net/stefanberger/swtpm-focal/ubuntu focal main

続いてお約束の apt update を実行します。

swtpm-tools のインストール

次のコマンドでインストールします。

sudo apt -y install swtpm-tools

仮想マシンへ TPM を追加

仮想マシンマネージャーを起動して、対象の仮想 Windows PC に新しい仮想ハードウェアを追加します。

仮想マシンの起動とアップグレード

あとは普通に仮想マシンを起動してアップグレードするだけとなります。
Windows の更新を待ってもいいですが、WIndows11 インストールアシスタントをダウンロード、実行することで、直ぐにアップグレードを開始できます。

ついでに、同じページからWindows 11 ディスク イメージ (ISO)をダウンロードしておけば何かと便利かも。

コメント

コメントする

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

目次
閉じる