解像度その2

2017 年 10 月 5 日

とりあえず、現象の再現が確認できました。
最初にインストールしたときは Live CD でも 1600×900 で表示できていました。
インストール直後も、普通に表示できていました。
ところが、アップデート・マネージャでカーネル 2.6.38-8 がインストールされてから、解像度が 1024×768 までしか選択できなくなってしまいました。
ひょっとして X の設定が変になったのかと思い、 $ xrandr で確認しても、正常に 1600×900 まで自動検出されていました。

で、原因は不明ですが、液晶モニタ LVDS1 と外部モニタ VGA1 で、「すべてのモニタで同じ画像」とする設定に、なぜか変わっていたことが不具合の理由でした。
設定画面は下の画像です。「Fn + F7」で外部モニタ出力を変えてみるとよく解ります。

(ダメな時)

(正常な時)

 
 
 
ということで、ログイン画面で解像度がおかしくなりそうなら、その時に「Fn + F7」を押してみます。
以上で無事に 1600×900 が常時表示できるようになりました。

・・・というよりも、最初から正常に画面表示はできていたにもかかわらず、液晶モニタと外部モニタとの関係が勝手に変わったことが原因とはまったく考えていなかったので、ずいぶん悩んでしまいました。試しにやってみただけの単なる偶然です。
振り返ると、なぜか Windows7 の解像度も変わっていたので、その時に気がつけばもっと早く解決できたのになぁ。。。
 
 
 
 

Ubuntu

Posted by @Think